ウォレット情報

ソニーCSLが仮想通貨のハードウォレット開発!?

ソニーCSLが仮想通貨のハードウォレット開発!?

10月23日、ソニーCSLは、ICカード型ハードウェアウォレットを開発したことを発表しました。
まずはリリース情報から一部を抜粋してご紹介します。

株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所(以下、ソニーCSL)は、ソニー株式会社のICカード技術を応用した非接触ICカード型の「仮想通貨ハードウェアウォレット技術を開発しました。
このオンラインサーバーへの不正アクセスによる秘密鍵の流出リスクを避けるために、オンラインネットワークに接続されたPCやスマートフォンとは独立したデバイスで、ユーザー自身が秘密鍵を管理するものがハードウェアウォレットです。
ハードウェアウォレットでは、オンラインネットワークを介した不正アクセスを回避し、仮想通貨を安全に管理することが可能となります。
ソニーCSLでは、ソニーで長年培った非接触型のICカード技術を応用して、ICカードハードウェア関連技術と相互認証・暗号通信技術を含む「仮想通貨ハードウェアウォレット技術」を開発しました。
USBでPCと接続する既存の代表的なハードウェアウォレットと異なり、ICカード型のハードウェアウォレットは小型で持ち運びやすく、利便性が高いことなども特徴です。
また、信頼度の高い耐タンパー性のあるICカード内モジュールで安全に秘密鍵を生成・保存することができます。
(出典:ソニーCSL https://www.sonycsl.co.jp/news/6500/

 

代表的なハードウォレット

このリリース文中の「USBでPCと接続する既存の代表的なハードウェアウォレット」とは、レジャーナノSやトレザーを指していると思われます。
どちらもハードウォレットの中で人気の商品です。
コインチェックでNEMがハッキングを受けた事件以降、レジャーナノSに注文が殺到し、Amazonで2倍ほどの値段になるほど注目を浴びました。

 

Ledger Nano S(レジャーナノエス) TREZOR

 

仮想通貨取引所に預けておくのは危険!

いずれにしても、仮想通貨取引所に自分の資産を預けておくことはおすすめしません。
通常取引所では、コールドウォレット言って、仮想通貨をネットとは遮断した状態で管理しています。
しかしながら、顧客から仮想通貨の出金依頼があれば、送金する際にどうしてもネットと接続しなければなりません。
どれほどセキュリティーを強化しても、ハッキングされる可能性をゼロにはできません。
ご存知の通り日本では、コインチェック・Zaifなどの仮想通貨取引所が、千~億単位の被害に遭っています。
現在のところ取引所がハッキングにあった場合、信用を失うことを恐れて、取引所が顧客から預かっている資産を補償しています。
しかし資金力の無い取引所の場合は、そのまま破綻してしまうかも知れず、今までのように補償されるかはわかりません。
仮想通貨は取引所に預けっぱなしにせず、自分で管理するのが良いでしょう。

 

仮想通貨を安全に保存するために

ソニーCSLの開発したIC型ハードウォレットも、安全に保管できるツールとなると思われます。
仮想通貨の保存方法には、スマホのウォレットアプリや、PCにインストールするタイプのウォレットソフトやWEBウォレット、紙に秘密鍵などを控えておくペーパーウォレットなど、様々な方法があります。
仮想通貨に投資して誤った保管方法で資産を失っては、元も子もありません。
まだまだ仮想通貨のことがわからない方、ぜひこの機会に「仮想通貨のがっこう」でウォレットの種類、保管の仕方、失くした場合の復元の方法などを学びませんか?

2018年12月2日
仮想通貨のがっこう-初心者教室-東京開催のお申込みはこちらから