取引所情報

一般社団法人 日本仮想通貨交換業協会 (JVCEA)とは

一般社団法人 日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)

日本仮想通貨事業者協会(JCBA)と日本ブロックチェーン協会(JBA)という2団体が以前からありますが、この2つの団体から厳選された会員により、2018年3月29日に一般社団法人日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)が設立されました。
当団体は第87条に基づき、金融庁により認定された資金決済事業者協会です。
仮想通貨交換業の健全な発展及び仮想通貨交換業の利用者の保護に資することを目的として設立されました。

以下の16社が今現在の第一種会員です。(申請中の事業者が属する第二種会員もありますが今は0社)
・第一種会員(仮想通貨交換業者)
株式会社マネーパートナーズ
株式会社bitFlyer
QUOINE株式会社
ビットバンク株式会社
SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社
GMOコイン株式会社
ビットトレード株式会社
BTCボックス株式会社
株式会社ビットポイントジャパン
株式会社DMM Bitcoin
株式会社ビットアルゴ取引所東京
Bitgate株式会社
株式会社BitOcean
株式会社フィスコ仮想通貨取引所
テックビューロ株式会社
株式会社Xtheta

(参照:一般社団法人日本仮想通貨交換業者協会 https://jvcea.or.jp/)

大手から中国系、買収されてなくなる予定の取引所、非常に規模の小さい会社等、様々な仮想通貨交換所が会員におります。

 

もしあなたが初めて日本で口座開設するならばどのような基準で選ぶ?

我々は手数料が安い、スプレッド手数料が安い等の理由以上に、資本金の大きい会社を選ぶことをおすすめします。
理由は、ハッキングされた際の補償、顧客サポート体制、設備投資等、何億もの潤沢な資金がなければ取引所の運用自体が非常に不安定になるからです。

また、当協会のオフィシャルサイトの「各種サイト」というメニューバーから入ると、金融庁において開催された「仮想通貨交換等に関する研究会」の資料を見ることができます。
もちろん無料です。
仮想通貨・ブロックチェーンの具体的活用事例や、世界全体の時価総額(約25兆円)の内訳、どのような分野にどのくらいの資金が投入されているか等々、様々な調査データを見ることができます。

各種資料

仮想通貨に関する情報は膨大ですし、詐欺まがいの情報もあります。
常にご自分でリサーチする習慣をつけましょう。

「仮想通貨のがっこう」は、実務上でも役に立つ様々な仮想通貨の知識を深める場です。
そして、会員同士が切磋琢磨できるコミュニティーを目指します。
もし興味がある方は気軽にお問い合わせください。