仮想通貨ニュース

中国CCIDが最新の仮想通貨格付けを発表

格付け順位

中国政府傘下の中央電子情報産業発展研究院(以下CCID)は、仮想通貨・ブロックチェーンプロジェクトの最新の格付けを発表しました。

格付け順位
1位 EOS
2位 イーサリアム
3位 ビットシェア
4位 NEO
5位 Steem

なお、ビットコインは16位、リップルは15位。

今回は5回目の発表となりました。

6月に初めて1位となったEOSは、イーサリアムプラットフォームから、メインネットに切り替り、ハグが発見されたばかりだったため、投資家からは驚きの声が上がっています。

評価の基準

CCIDは、各ブロックチェーンプロジェクトを以下について基づき評価し、毎月公表しています。

・技術力
・適用範囲
・イノベーション

スコアー表