仮想通貨の知恵袋

公開鍵(パブリックキー)と秘密鍵(プライベートキー)の仕組みと使い方

公開鍵と秘密鍵の重要性

公開鍵と秘密鍵は、仮想通貨を理解する上で欠かせない知識となります。
その役割は非常に重要で、理解していないと所有する仮想通貨を紛失することにも繋がります。
今回はビットコインを例に、まず公開鍵(パブリックキー)について説明していきます。

ビットコインアドレスとは

アドレスは、アカウントと呼ばれることもあります。
取引所やウォレットアプリなどで表示が違っている場合がありますが、同じ意味です。
アドレスは銀行口座に例えると自分自身の口座番号です。
もしあなたが誰かにお金を振り込んでもらいたい場合、自身の銀行口座を伝えるはずです。
つまりアドレスは、他人からや取引所などから送金を受けるために使います。
もちろん、あなたが送金を誰かに行う際も、そのアドレスから送金することになります。
また、ビットコインアドレスの場合、1または3から始まるという特徴があります
ちなみにライトコインの場合はLから、イーサリアムの場合は0xから始まります。

公開鍵とは

公開鍵は、パブリックキーとも呼ばれます。
そしてこの公開鍵は、全世界に公開されており、誰でも確認することが可能です。
あなたが誰かに送金をする際、秘密鍵によって送金リクエストを暗号化し、ビットコインネットワークに送信します。
そしてその暗号化されたリクエストは、この公開鍵でのみ解読できる仕組みになっています。
ビットコインネットワークの参加者は、公開されている公開鍵で暗号を解読することができれば、秘密鍵を持っている人からのリクエストであるとわかり、本物の送金リクエストであると判断します。
暗号を解読できなかった場合は、偽物のリクエストと判断し、送金取引を行いません。

秘密鍵(プライベートキー)とは

秘密鍵は、プライベートキーとも呼ばれます。
秘密鍵はあなたのウォレットの全ての操作をするために必要な鍵であり、銀行口座で例えるならキャッシュカードの暗証番号となります。
当然のことながら、キャッシュカードと暗証番号を他人に渡してはいけません。
そんなことをすれば、お金を引き出されることは覚悟しなければなりません。
同じように、秘密鍵を他人に知られてしまうと、その秘密鍵により作成された公開鍵、そしてその公開鍵によって作られたアドレスに入っている仮想通貨は、全て引き出されてしまうでしょう。
銀行口座であれば、引き出される前であれば銀行で手続きができますし、引き出されてしまっても警察に届けるなどすれば犯人を特定することが可能かもしれません。
しかし管理者のいない仮想通貨ではそうはいきません。
アドレスにも公開鍵にも、そして秘密鍵にもあなたの名前はどこにも載っていません。
秘密鍵を知るものが所有者であると判断される仕組みになっているのです。

送金の仕組み

ビットコインが送金される流れを確認してみましょう。
仮想通貨のウォレットでは、送金リクエストを行うところから始まります。

  1. 送金先のアドレスを入力
    送金するビットコイン数を入力
  2. この送金リクエストを秘密鍵を使って暗号化する
    (この操作はウォレットユーザーには見えません)
  3. 送金リクエストの内容と、公開鍵の情報を、P2Pに送ります。つまりマイナーたちのノードが集まるビットコインネットワークに送るわけです。
  4. P2Pで公開鍵を使って復号され、秘密鍵を持った人からのリクエストであることが確認されば、マイナーによる送金手続きに入って行くことになります。