仮想通貨の知恵袋

仮想通貨と電子マネーの違いについて!

はじめに

最近、キャッシュレスが世界的にで進んでいますが、このキャッシュレスの一部が仮想通貨と電子マネーでもあります。似ているようで違うものですが、そもそも何が違うのでしょうか。

仮想通貨と電子マネーは発行元が違う

仮想通貨は、原則、管理者のいない非中央集権型の通貨であり、プログラミングによってその発行枚数が決まっています。その為、誰かの意思で発行されるものではないので、発行元はありません。
一方、電子マネーは、SuicaやEdyのように、企業等が発行管理しています。

仮想通貨と電子マネーは使われ方が違う

仮想通貨の場合、取引所や販売所を通して仮想通貨を購入し、ウォレットに保管し、そこから直接支払いに使ったりします。一方、電子マネーの場合は、ICカード等にチャージをして使います。このチャージはあくまで前払いであり、実際の支払いは、ユーザーのICカードの使用履歴に応じて発行元が行っています。

仮想通貨と電子マネーは価格変動の違いがある

仮想通貨の場合、価格変動があります。例えば今日1万円と交換した仮想通貨が翌日には2万円になっている場合もあります。仮想通貨は値動きが激しいため、投資対象として注目を浴びています。
一方、電子マネーの場合は、1万円分をチャージすれば、原則いつでも1万円として使うことができ、値動きがあるわけではありません。

まとめ

仮想通貨と電子マネーの大まかな違いをご紹介しました。細かい違いは他にもありますので、また別途ご紹介したいと思います。